エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

内覧予約・お問い合わせ月〜金曜日 9:00〜17:30

0120-587-560

内覧予約・お問い合わせ

フリーランス(個人事業主)にバーチャルオフィスが最適な”5つ”の理由

D700f2691-2697.jpg

フリーランス(個人事業主)の方にとってオフィスを持つかどうかは重要な点です。実際に事務所を契約すると維持費が発生するため、開業直後に借りるのは現実的に難しいです。

そこで、利用を考えたいのがバーチャルオフィス。もし、フリーランス(個人事業主)が事務所を持つならバーチャルオフィスという形態が一番適しています。

今回は、バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い。そして、なぜフリーランス(個人事業主)にバーチャルオフィスが適しているのか紹介していきます。

レンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いは?

レンタルオフィスは事務所を実際に借りるサービスです。一方、バーチャルオフィスはその名の通り、事務所は借りずに住所や電話番号などを借りるサービスです。

レンタルオフィスの場合は毎月の維持費が発生します。もちろん、貸事務所に比べると料金が安いためフリーランス(個人事業主)でも借りやすいです。

しかし、開業直後など経営が安定していない際には、バーチャルオフィスを借りるという選択肢が考えられます。バーチャルオフィスの場合、限られたサービスを受けることができるため、レンタルオフィスに比べて費用が安いのが魅力的です。

場合によっては、追加料金でレンタルオフィスとしてのサービスが使えることもあるので、フリーランス(個人事業主)の開業を強力に支援してくれます。

フリーランス(個人事業主)にバーチャルオフィスが最適な5つの理由

それでは、なぜバーチャルオフィスが最適なのか?今回は、5つの理由をまとめてみたので確認していきましょう。

 一等地を住所として利用できる

バーチャルオフィスの最大のメリットが一等地を住所として利用できる点です。開業当初から一等地に住所を持つことによって取引先に好印象を与えることが可能です。さらに、自宅の住所を名刺やサイトなどに載せなくて済みます。そのため、プライバシーの観点からも安心して利用できます。

また、自宅を事業所にしている場合は引っ越しなどを行うごとに、住所を変更する必要が出てきます。一方、バーチャルオフィスを事業所にしておけば、引っ越した際に住所を変更する必要がないので楽に引っ越すことが可能です。

エキスパートオフィスでは、東京、渋谷、品川、新横浜などの一等地に住所を持てます。また、住所利用はもちろん法人登記もできるのでより取引先に信頼感を与えられます。さらに、法人登記の際に追加料金は発生しないので開業当初でも経済状況を圧迫しません。

 郵便物を届けてくれる

多くのバーチャルオフィスでは、郵便物を受け取ってくれることが多いです。バーチャルオフィスを提供している会社によって、自分で郵便物を受け取る場合や郵便物を指定住所に届けてくれる場合があります。郵便物を転送してくれるタイプのバーチャルオフィスなら、自宅に届くような感覚で郵便物を受け取れます。

エキスパートオフィスでも郵便転送を行っており、登録した住所(自宅など)に週一回郵便物を転送してくれます。わざわざオフィスまで出向く必要がないため、通常の郵便物を受け取る感覚に近いのが魅力的です。

 専用の電話番号を持つことができる

フリーランス(個人事業主)として開業した際に住所とともに必要になるのが電話番号です。事業用の電話番号を持っておけば、取引先から連絡が来た時にスムーズに対応できます。

バーチャルオフィスの中には専用電話番号を取得してくれる場合があるため、事業用の電話番号を開業時から持つことが可能です。

エキスパートオフィスでは、専用電話番号を取得することができ、電話転送を行ってくれます。基本的に「050」の専用電話番号を無料で取得できます。「03」や「045」は別途月額3,000円の費用が発生します。

他にも、月額1,000円で専用FAX番号も取得できるので、開業後スムーズに進められます。

 自分のオフィスのように会議室が使える

フリーランス(個人事業主)として独立した後に、打ち合わせや会議が必要な場面は多いです。バーチャルオフィスなら、まるで自分のオフィスのように会議室を利用できます。そのため、取引先に良い印象を与えることが可能です。

また、静かな環境で打ち合わせや会議ができるため、お店の予約や別途会議室を抑える必要がない点もメリットと言えます。

エキスパートオフィスでも会議室の貸し出しを行っています。例えばエキスパートオフィス品川の場合なら平日10時から18時までなら30分あたり2,000円で利用可能です。

 来客・電話秘書対応してくれる

バーチャルオフィスといっても、取引先からはそこが事務所だと思われてしまいます。万が一、取引先の人が事務所に訪問した場合でも、来客対応のあるバーチャルオフィスならしっかりと対応してくれます。

また、プロの秘書が電話対応してくれるオプションがあるバーチャルオフィスもあるので、安心して業務に集中できます。

エキスパートオフィスでは来客対応はもちろん、電話秘書対応も行ってくれます。月額13,000円でプロの秘書が対応してくれるため、取引先とのやり取りに漏れが出る心配はありません。

まとめ

D700f2663.jpg

フリーランス(個人事業主)にバーチャルオフィスが最適な5つの理由を紹介しました。開業直後は安定するまでバーチャルオフィスの利用をおすすめします。

その後、ある程度安定してきたらレンタルオフィスを借りると無理なく移行することが可能です。

エキスパートオフィスのようにレンタルオフィスとバーチャルオフィスの機能を持っている場合なら、スムーズに移行できるためぜひ契約を検討してみてください。

2017.08.21
コラム

月〜金曜 9:00〜17:300120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ