エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

内覧予約・お問い合わせ月〜金曜日 9:00〜17:30

0120-587-560

内覧予約・お問い合わせ

サテライトオフィスの活用法

働き方改革が進行し、多様な働き方が生まれている昨今において、各企業も働き方やオフィスの在り方について様々な対策を行っています。そんな中、注目を集めているのがサテライトオフィスの活用です。近年、都市部・郊外・地方においてサテライトオフィスを設置する企業が増えてきています。そこで今回はサテライトオフィスのメリットとその有効的な活用法についてご紹介していきます。

サテライトオフィスとは

サテライトオフィスは、企業が本社から離れた場所に設置するオフィスのことで、働き方改革が進む近年注目を集めています。支社と同じような機能のように思われますが、すこしニュアンスが違っていて、サテライトオフィスのほうが小さいマーケットの拠点に構えられていたり、社員のライフワークのために設置されるので、支社に比べて小規模な人員で構成されることが多いのが特徴です。ちなみにサテライトオフィスは「都市型サテライトオフィス」「郊外型サテライトオフィス」「地方型サテライトオフィス」の3種類に分類されます。「都市型サテライトオフィス」は、本社とは別に都市部にオフィスを設置して、主に営業拠点や新規事業の拠点として用いられます。「郊外型サテライトオフィス」は、郊外のベッドタウン等にオフィスを設置して、通勤時間の削減や様々な働き方に対応した拠点として機能します。「地方型サテライトオフィス」は、人口の少ない地方にオフィスを設置し、地方活性化や地方で活動する有能な人材の確保に貢献します。

サテライトオフィスのメリット

サテライトオフィスのメリットは様々ありますが、今回はその中でも大きな設置要因となる3つのメリットをご紹介します。1つ目は、「時間の効率化」です。郊外・地方にオフィスを設置することで、郊外や地方に住む社員の通勤時間を大幅に削減することができます。また、都市部の拠点に設置することで本社に戻る時間・手間を削減することが可能です。移動時間を短縮することで社員の満足度・モチベーションの向上にも寄与します。2つ目は、「コストの削減」です。社員の移動時間が減るため、通勤や営業にかかる交通費を削減できます。また、都市部に支社・営業所規模の大きなオフィスを建てるよりも、レンタルオフィス等を利用してサテライトオフィスを持つほうがコストを低く抑えることが出来るでしょう。3つ目は、「BCP対策」です。災害が多発している近年において、有事の際のリスク管理は重要です。災害により本社機能が麻痺しても、サテライトオフィスが本社の代行として機能します。災害の多い日本ではこのようなリスク管理も必要でしょう。

効果的なサテライトオフィスの活用法

先述の通り様々なメリットを持つサテライトオフィスですが、より効果的な活用が出来るように実用例をいくつかご紹介します。上手にサテライトオフィスを利用して、ビジネスをさらに活性化させましょう。1つ目は「新しいコミュニティの場」として活用する方法です。エキスパートオフィスでも入居者同士での交流を図る様々なイベントを実施しています。今まで接点のなかった企業や個人と交流を持つことで、新しいビジネスが生まれたり、各業界の情報を入手することができます。2つ目は「人材採用」に活用する方法です。サテライトオフィスを設けることで、人材獲得の幅が大きく広がります。今までアプローチできなかった地方や郊外に住む方や、育児や介護などで勤務時間に制限が出てしまう方に対しても、様々な働き方を提案することができます。優秀な人材を獲得するために、サテライトオフィスは大きなアドバンテージになることでしょう。

まとめ

今回はビジネスを加速させ、社員の業務効率化につながるサテライトオフィスの活用法についてご紹介しました。エキスパートオフィスでは、サテライトオフィスとして1名から30名以上までフレキシブルに対応できる様々なオフィスプランをご用意しています。ぜひそれぞれのビジネスに応じて、最適なサテライトオフィスの在り方を検討してみてください。

2019.06.11
コラム

月〜金曜 9:00〜17:300120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ