エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

内覧予約・お問い合わせ月〜金曜日 9:00〜17:30

0120-587-560

内覧予約・お問い合わせ

幸せを遠ざけてしまうワーカホリックの対処法

ワーカホリックという言葉を聞いたことがありますか。働き方改革や労働環境の問題が顕在化したことで、注目を集めるようになったワーカホリックという言葉。労働時間が多い仕事でよく発生する症状です。今回はこのワーカホリックについて、その危険性と対処法についてご紹介していきます。

ワーカホリックとは

ワーカホリックは、仕事だけに時間と労力を使い、私生活を顧みない状態のことを言います。日本語ではいわゆる「仕事中毒」と言われる症状のことです。この言葉は1970年代にアメリカの作家ウェイン・オーツ氏によってつくられた言葉で、WORK(仕事)とALCOHOLIC(アルコール中毒)とを合成した造語です。具体的には、仕事以外にすることがない、仕事をしていないと恐怖心を感じる、身体や精神が壊れるまで過剰に仕事をしてしまう、そんな症状を指します。この症状に陥ると、どんなことよりも仕事を優先してしまい、身体を壊してしまったり、友人・家族との人間関係を壊してしまったり、幸せな生活から自分を遠ざけてしまう恐れがあります。

ワーカホリックの危険性

日本では「仕事人間」という言葉があり、仕事が大好きで仕事中心の生活を送る方がいますが、その場合と「ワーカホリック」は分けて考える必要があります。あくまで、ワーカホリックは、仕事をしないといけないという強迫観念があり、自分に悪影響が出てもなお過剰に仕事をしてしまう状態です。仕事を中心としたライフスタイルで、仕事を趣味の延長のように楽しんでいる場合は、問題ないと言えるでしょう。ですが、そういった仕事人間の方がワーカホリックに陥る可能性は大いにあります。ワーカホリックが危険な点は、本人の自覚なしに症状が進行する点にあります。仕事が好きだから、仕事が生きがいだからと、仕事に没頭するあまり、自身や周囲に悪影響をもたらしてしまったというケースは多くあります。ワーカホリックに陥ると、自律神経失調症、心臓疾患、うつ病などの病気になるリスクが高まり、最悪の場合、命を落としてしまう恐れもあります。

ワーカホリックの対処法

ワーカホリックから抜け出すには、仕事の時間を減らし、休む時間を持つことが大切です。症状が重い場合は、一旦仕事から離れ休暇をとるのもいいでしょう。仕事への依存から離れ、仕事以外の楽しみを見つけることで、症状はだんだんと緩和されていきます。ですが、ワーカホリックは無自覚に進行する場合が多いので、自分で症状を発見し、改善するというのは難しいかもしれません。やはり周囲の人の助けが必要不可欠になってきます。食欲不振や頭痛、めまい、不眠症などの症状が続く。仕事を楽しめないのに、仕事をせずにはいられない。そんな時はワーカホリックの危険信号です。「ワーカホリックかもしれない」と思ったら、周囲の人に相談してみるのも自分を守る上で大切なことです。

まとめ

今回は、幸せを遠ざけてしまう原因となるワーカホリックについてご紹介してきました。仕事を大切にして、仕事にやりがいを持つことは、人生を豊かにする上でとても大切なことです。ですが、「幸せ」には様々な形があります。仕事で得られる「幸せ」。私生活で得られる「幸せ」。そのバランスを上手く保つことで、人生はより豊かで楽しいものになっていくのではないでしょうか。ぜひ定期的に自分の気持ちに向き合い、ライフスタイルを見直す機会を持つように心がけていきましょう。

2019.11.08
コラム

月〜金曜 9:00〜17:300120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ