エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

内覧予約・お問い合わせ月〜金曜日 9:00〜17:00

0120-587-560

内覧予約・お問い合わせ

競合に差をつける。ブランディングの効果

ビジネスの場面でよく耳にする「ブランディング」という言葉。様々な企業が、高い広告費用をかけ、綿密なマーケティング戦術を駆使して、この「ブランド力」を高めるためにあらゆる施策を行っています。モノの価値とは、何で決まるのでしょうか。どれだけ手間がかかっているか、どれだけ高価な素材を使っているか、どれだけ便利な機能を持っているか、これらも価値を決める上では大切ではあります。でも、一番影響力を持つのは、そのモノが「好き」かどうかです。特にモノそのものに差別化が難しい現代社会において、「ブランド」というイメージによる嗜好性を高める行為はビジネスの上では必要不可欠な要素となっています。今回はそのブランディングの効果・重要性についてご紹介していきます。

商品・サービスの価値を高める効果

もし、全く同じ形をしていて、同じ効果が期待でき、同じ値段の商品が2つあったとします。その時、どちらの商品を買うかは、その商品の持つ「ブランド力」に影響されます。そのブランドの考え方、イメージに共感し、好きだと思ってもらうことができれば、「商品・サービス」の価値は上昇するのです。そして、このブランド力が優れているのは、自社商品よりも「価格が安い」「性能が高い」類似商品が競合として存在しても、購買力を担保することができる点にあります。一度ファン(この商品が好き)をつくってしまえば、圧倒的な優位を勝ち取ることができるのです。ブランド力を高めるということは、競合優位性を獲得するためにとても重要なマーケティング要素となっていると言えます。

支出を減らす効果

ブランディングをする上で、「売上の向上」はとても分かりやすい指標ですが、実は、ブランディングを行うことで「支出を抑える」ことにもつながるのです。例えば、ブランド価値の高い商品を店頭で売る場合、消費者が求める人気商品として来店率を向上させる効果が期待できます。ブランド価値の高い企業との仕事・商品・サービスは、取引する相手にとってメリットになる要素が数多く存在します。そのため、より好条件で契約や取引を実行することができ、結果として支出を減らすことができるのです。他にも、ブランド力の高い場所で働いているというモチベーションが社員の離職率を下げ、採用費を減らすことにもつながったりなど、様々な面での利点が生まれていきます。

発信力を高める効果

マーケティングの世界で、近年無視することができないのがSNSでの「シェア」の考え方です。消費者ひとりひとりが発信者となり、好きなモノ・コトをシェアしていく現代において、「ブランド力」はその発信力を高めるのにも大きな効果をもたらします。広告費を使わなくても、ファンがその商品を勝手に宣伝してくれる。しかも、ファンとつながっている友人たちは、ファンとの志向性が近い場合が多く、広告効果としてはかなり高いと言えます。ブランド力を高めることで、さらにブランド力が高まる連鎖が生まれていく。そういった意味でも、ブランディングの重要性はより高まっていくことでしょう。

まとめ

今回は、ブランディングの効果についてご紹介してきました。ブランディングをしていくことは、企業に大きなメリットをもたらすこと、これからのマーケティングに必要不可欠な要素であることが分かっていただけたかと思います。激しい競争を勝ち抜くため、ブランディングの価値をしっかり考え、ビジネスに活かしてほしいと思います。

2018.12.17
コラム

月〜金曜 9:00〜17:000120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ