エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

内覧予約・お問い合わせ月〜金曜日 9:00〜17:30

0120-587-560

内覧予約・お問い合わせ

起業の在り方を変えるリーンスタートアップ

「リーンスタートアップ理論」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?最近は、WEBサービスをはじめ、起業へのハードルが低くなり、多くの企業や個人が新しい事業をスタートさせています。そのスタートアップの際に、多くの起業家たちが参考にしていると言われているのがこのリーンスタートアップ理論。今回は、起業の在り方を変えるリーンスタートアップ理論についてご紹介していきます。

リーンスタートアップ理論とは

リーンスタートアップ理論とは、2011年に起業家エリック・リースによって提唱された理論で、様々な起業の手法を取り入れたマネジメント理論として当時話題となりました。「リーン」とは「無駄がない」という意味があり、「起業」を意味する「スタートアップ」と組み合わせ、起業を行う際の効果的なビジネスモデルとして支持を集めています。そもそもこの「リーンスタートアップ理論」のベースにはトヨタの生産方式の理論が根底にあります。在庫を極限まで抑える「just in time」のトヨタ生産方式は、様々な経営者からお手本とされており、リーンスタートアップ理論にも大きな影響を与えています。

リーンスタートアップ理論の特徴

「リーンスタートアップ理論」を簡単に説明すれば、「煩雑な計画を立てず、時間とお金と人材をかけず、シンプルに事業をはじめていく」というものです。具体的に言えば、【仮説の構築】→【製品の実装】→【検討・改善】を早いサイクルで回していくことです。新しい製品やサービスは、やってみないと実際は成功するか分かりません。それなら起業準備や市場調査を入念に進めるよりも、最低限の製品やサービスをつくり、顧客の反応を見て、そのフィードバックを基に事業を進めていくほうが効率的かつ、コストを大幅に削減することに繋がります。実際に事業の運用をはじめてみて、ダメなら軌道修正し、自然と顧客から必要とされる製品やサービスに昇華されていくことになるので、事業の成功率も非常に高いものになります。

リーンスタートアップ理論のメリット

リーンスタートアップ理論は、今までにない新しい製品やサービスを展開する際にとてもメリットの高いビジネスモデルと言えます。前例がないことは、いくらマーケティング調査を重ねたとしても、成功するかどうかは分かりません。どんなに仕様書・稟議書・計画書が優れていても、顧客に選ばれなければ、ビジネスにとっては無価値な行為です。そういった無駄な時間やコストを削減し、柔軟にビジネスを転換していくこの理論は、スタートアップ企業にとっては、リスクを軽減するとても有効的な手段と言えます。また、この理論によって、新規事業参入へのハードルが低くなり、ビジネスの活性化にもつながるでしょう。

まとめ

今回は起業の在り方を変える「リーンスタートアップ理論」についてご紹介してきました。綿密な計画を立てずに、顧客からのフィードバックを基に、製品やサービスを最適化していく工程は、確かに効率的で、成功率を飛躍させる手法と言えます。だた注意しなくてはいけないのは、ただ無計画に闇雲にプロジェクトを進めていくのだと勘違いしてしまうこと。当然、基本的な市場調査やアイデアは必要不可欠で、あくまで最適化する過程に柔軟性を付与するのがこの理論の重要な点ですので、運用の際には十分気をつけていきましょう。

2019.08.08
コラム

月〜金曜 9:00〜17:300120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ