エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

成功する人になるための4つの法則

pixta_16794009_M.jpg

成功を収める人には共通する特徴があるものです。それらの規則性や、ある傾向などを読み解き「法則」を発見することができれば、成功への大きな足掛かりとなるはずです。今回は、さまざまな研究や、ビジネス本などで紹介されている成功者が知らず知らずのうちに実践している「法則」についてまとめてみました。

カルマの法則

カルマの法則とは、「良いことをすれば、自分にも良いことが返って来る」という法則のことです。成功している人の行動を観察していると、ある共通点に気が付きます。それは、「常に成功するための行動を取っている」ということ。失敗も成功への糧とする。何ごとにも成功のために挑戦していく。このように、「成功するための行動」を絶えず行うことで、因果応報という言葉が示す通り、「成功をつかみ取る」結果へと結びついていくのです。成功するために自分はどれだけの行動を起こせているのか、カルマの法則を踏まえ、今一度考えてみるといいでしょう。

1万時間の法則

マルコム・グラッドウェルという方の本で紹介されている「1万時間の法則」。それは、「どんな分野でも、1万時間程度継続して取り組めば、その分野のエキスパートになれる」という法則です。この法則は、ある音楽アカデミーで学ぶバイオリニストたちを調査した結果に基づいており、「一流の技術を持つ学生」と「そうでない学生」を分けるのは練習時間の差だけであり、一流の技術を持つ学生はその技術を身につけるのに約1万時間もの練習を積み重ねていたという経験則から生まれたものです。プロフェッショナルになれるかどうかは、生まれ持った才能ではなく、どれだけ鍛錬を積んだかという時間が大切であり、成功をつかむにはそれ相応の時間が必要だということです。

引き寄せの法則

日本のことわざにも「類は友を呼ぶ」という言葉があります。引き寄せの法則もこれに近しいもので、「ポジティブな思考を持つと、いい状況が舞い込んできて、ネガティブな思考を持つと、悪い状況が舞い込んでくる」という法則です。今現在の状況は、自分自身の感情や考え方が引き寄せた結果そのものであり、「思考」が自分の行動や周りの環境に影響を与えているというものです。引き寄せの法則は様々な利用法があります。「自分はこうなりたい」と強くイメージすることで、その理想の状態へ自分を近づけることができます。成功者にポジティブな方や楽観的思考の方が多いのも、この引き寄せの方法が関係しているのかもしれません。

ズーニンの法則

アメリカの心理学者ズーニンが発表した法則で、「人の第一印象は最初の4分で決まる」という法則です。この法則は様々なビジネス本やマナー本で紹介されていて、第一印象の重要度を示しています。第一印象のイメージでビジネスが左右されるケースはたくさんあります。「最初の4分間でどう自分の印象を与えられるか」これを意識するだけで結果は大きく変わってくるでしょう。魅力的な話しの入り方、プレゼンの最重要項目を最初にもってくるなど、さまざまな活用法が考えられるこの法則。ぜひビジネスで活用してみてください。

まとめ

pixta_3924624_M.jpg

今回は、成功する人になるための様々な法則について紹介してきました。実験の結果で得られたもの。経験則から発生したもの。その成り立ちは多種多様ですが、上手く活用することができれば、ビジネスのあらゆる場面で役立つかと思います。調べてみると他にも面白い法則はたくさんあります。少し意識を変えるだけで、大きな成果を生むかもしれません。ぜひ、ビジネスで、日常生活で、活用してみてください。

2017.11.21
コラム

月〜金曜 9:00〜17:300120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ