エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

内覧予約・お問い合わせ月〜金曜日 9:00〜17:30

0120-587-560

内覧予約・お問い合わせ

マネジメントにも使える!70:20:10の法則

「70:20:10の法則」というものを聞いたことがあるでしょうか?ビジネス研修などを受けている方には聞き覚えがある名前かもしれません。リーダーシップ開発のために生まれたというこの法則。これを使うことで、人材育成やマネジメント、自己研鑽に活用していくことができます。では、さっそく「70:20:10の法則」についてご紹介していきましょう。

「70:20:10の法則」とは?

人が成長する際に役立つとされる要素は、「70%が経験、20%が薫陶、10%が研修」であるというのが「70:20:10の法則」です。経営人材のリーダーシップ開発のために有効だった要素を分析した結果生まれた法則です。「経験」とは、自分自身の行動によって身についた知識や技術のこと。「薫陶」とは、周囲の人から受けた影響やアドバイスのこと。「研修」とは、研修や書籍などから得た情報のこと。この考え方を利用することで、マネジメントなど様々な場面に応用することができるのです。

70の大切さを知る

これをビジネスの場面で考えれば、経験とは「仕事そのもの」、薫陶とは「上司からのアドバイス」、研修とは「本やネットからの情報」という風に換言できます。この法則を使えば、人材育成を考えた時、より大きな効果を発揮するのは「経験を積ませること」が一番大切だということになります。確かに、実際の仕事を考えてみてもこの傾向は大いに当てはまりそうです。いくら上司の言葉を聞いたり、本の情報を見たとしても、経験することで得た情報にはかないません。また自分で感じた感情や知識は忘れにくく、そのまま成長につながりやすくなります。「経験」を重視した育成方針を考えることが大切になってきます。

残りの30(20・10)も大切

仕事(経験)を通じて成長を促していく大切さは先述しましたが、同時に残りの30%の要素もないがしろにはできません。自主性を尊重して放任しているばかりでは、70%しか成長は見込めないからです。100%に近づけるためには、やはり外部からの影響力が大切になってきます。仕事が行き詰ったら、そっと助言を与える。難しい案件には手助けする。そういった要所での助言が、より成長を加速させていきます。また、研修で学びの機会を設けたり、自分で本やインターネットで学ぶ習慣付けをすることも大切です。外部に触れることで、視野が広がり、大きな刺激を受けます。自分の殻を破るには周囲の協力が必要不可欠なのです。

マネジメントに活用する

この法則はそのままマネジメントの方法に直結します。このバランスを見ながら、部下を管理することで、より成長を促進させることができるでしょう。また、この考え方を企業活動全体に広げれば、よりよい事業運営を行うことができます。実績を誇る企業は、「中核的イニシアティブ」「隣接イニシアティブ」「転換的イニシアティブ」のバランスを事業全体で適正に保っているといいます。「70:20:10の法則」に当てはめ、経営方針を見直すのもいいかもしれません。

その他の分野に活用する

この法則は、様々な分野で役立ちます。たとえばお金の管理。70%は消費(支出)、20%は大きな消費のための貯蓄、10%は投資。のようにバランスよく計画的にお金の管理をすることができます。「貯蓄をしているのに貯まらない」という人がいますが、それは10%の要素を考えていないからです。いずれ消費に回ってしまう20%の貯蓄に安心していては、上手な運用はできません。またスポーツの場面でも、「7割は自分の得意を磨くことが大切」といいます。自分なりに割合を考えて練習を行うことで、大きな成長につながるかもしれません。

まとめ

今回は、「70:20:10の法則」についてご紹介してきました。人材育成の場面で大いに役立つ法則だと思うので、ぜひ活用していただけたらと思います。その他にも、経営に役立てたり、お金の管理やスポーツの場面にも応用できるこの法則。うまく活用しつつ、自分なりのやり方を見つけていくといいでしょう。

2018.03.06
コラム

月〜金曜 9:00〜17:300120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ