エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

プライベートオフィスとは?他のオフィスとの違いを解説


働き方改革やコロナ禍の影響を受け、プライベートオフィスを利用する方が近年増加しています。日本政府がテレワークを推進するなど、社会的注目度も日に日に高まっている現状を受け、「テレワークの推進」「BCP対策(コロナウイルス対策)」などを目的に、プライベートオフィスを利用する法人・個人が増えているようです。最近は、「シェアオフィス」「コワーキングスペース」「レンタルオフィス」「フレキシブルオフィス」など様々なオフィス形態を耳にしますが、その違いをきちんと理解できているでしょうか。そこで今回は、プライベートオフィスの特徴と、他のオフィスとの違いについてご紹介していきます。

プライベートオフィスとは

プライベートオフィスとは、契約した個人もしくは複数人が利用できる専用オフィススペースのことを意味します。その名の通り、プライベートな空間であり、オフィスの施錠を行うことができ、外部の方が入ることができないスペースになっています。オフィスを提供する企業によって異なりますが、基本的にデスクやイスなどの設備が用意されている場合が多く、賃貸オフィス物件に比べてリーズナブルな料金で契約することができます。

プライベートオフィスには、専用スペースとは別にラウンジや会議室などの共有部分を使うことができたり、併設されたスポット利用できるシェアオフィススペースで他者との交流を行ったり、専用の受付スタッフが常駐していたりなど、様々な特徴を持ったオフィスが提供されています。中には、バーカウンターがあり、after work(仕事終わり)でお酒を楽しめる場所もあります。料金・室内のクオリティ・サービス・立地などを考慮した上で、自分に合ったプライベートオフィスを探してみるといいでしょう。

他のオフィスとの違い

プライベートオフィスの他にも、シェアオフィス、コワーキングスペース、レンタルオフィス、フレキシブルオフィスなど、様々な名称のオフィスを最近耳にするようになりました。線引きが難しい言葉も多いので、それぞれの定義や特徴をご紹介していきます。

・シェアオフィス
シェアオフィスとは、不特定多数の利用者が共有のフリーアドレスのデスクで仕事を行うオフィススペースのことです。プライベートオフィスには利用者専用のスペースがありますが、シェアオフィスには基本的に全利用者共有のスペースしかありません。その代わり、プライベートオフィスよりも料金が安い場合が多く、1回のだけスポットで利用するなどの柔軟性もあります。気軽にオフィススペースを利用したい方や、他者との交流を図りたい方にオススメです。

・コワーキングスペース
コワーキングスペースは、ほぼシェアオフィスと同様の意味合いのオフィススペースになります。シェアオフィスとコワーキングスペースの定義に明確な区分はありません。ですが、シェアオフィスが業務スペースとしての機能が強いのに対して、コワーキングスペースは、ビジネスパーソン同士の交流の場としての機能が強い傾向にあります。コワーキングスペースでは様々な企業や個人が交流を行うビジネスコミュニティとしての側面があります。新しいビジネスを起こしたい、新しい人脈を作りたいという方にオススメです。

・レンタルオフィス
レンタルオフィスとプライベートオフィスは、ほぼ同じ意味合いの言葉になります。専用の施錠可能なオフィススペースを契約し、オフィスの大きさに合わせて個人または数十人のチームで利用することができます。ほとんどのレンタルオフィスでは法人登記や個人事業主(フリーランス)の事業所住所としての利用が可能です。同じ施設内にスポット利用が可能なシェアスペースがある場合に、専用スペースと共有スペースを分ける目的で「プライベートオフィス」という名称を使用するケースも多いようです。

・フレキシブルオフィス
フレキシブルオフィスとは、「フレキシブル=柔軟な」という意味の通り、柔軟な契約スタイルのオフィスの総称を指します。一般的な賃貸オフィスよりも、簡単かつスピーディに契約ができ、様々な利用法が可能なオフィススペースです。今回ご紹介したプライベートオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、レンタルオフィスは、すべてフレキシブルオフィスの中に入ります。ニューノーマル時代に対応した様々な働き方を実現するオフィスです。

プライベートオフィスの特徴

・様々な働き方に対応するワークスペース
プライベートオフィスを利用する理由は多岐に渡ります。オフィスを持たない個人事業主(フリーランス)が作業効率や信頼性を向上させるため。移動が多い個人または法人社員が、移動時間の短縮や自由度ある働き方を実現するため。企業のBCP対策やプロジェクト推進のためのサテライトオフィスとしてなど。多種多様な働き方に対応した機能とサービスを持ち合わせているのがプライベートオフィスの特徴です。目的に合わせて、スペースの広さ、料金、サービスを選択し、最適なワークスペースをつくっていくことができるでしょう。

・モチベーションを向上させる機能
近年注目を集めているプライベートオフィスは、オフィスクオリティの高さが特徴のひとつです。綺麗なのはもちろん、こだわりの家具や設備を用意して、働くことへのモチベーションが向上するワークプレイスとなっています。居心地の良い空間。オシャレな空間。サービスの行き届いた空間。そんなオフィスでの作業は集中力が上がり、結果として良い仕事につながりやすくなります。訪問客の多い方にとっては、手軽にクオリティの高いオフィス空間を提供できるので、対外的なメリットも大きいでしょう。

・人とつながれるビジネスコミュニティ
プライベートオフィスには、オフィス利用者が利用できるラウンジなどの共有スペースがあることがほとんどです。また、同じ施設内にシェアオフィスとプライベートオフィスが混在しているケースも多いので、人とつながりやすい環境にあります。プライベートオフィスは、専門的なスキルを持った人材から大企業の社員まで幅広い人材が利用しています。普段会うことのない人との出会いは刺激的ですし、ビジネス上でのコラボレーションや新規ビジネスの創出につながることも珍しくありません。オフィスによっては、利用者が交流しやすいようなスペースを用意したり、交流会などのイベントを開催していることも多くあります。ビジネスだけでなく、プライベートでも交流を深めていける仲間に出会えるかもしれません。

・向いている職種・仕事
プライベートオフィスは様々な働き方や事業に対応した契約形態を持っているので、多種多様な職種・仕事に向いていると言えます。快適なオフィスで集中力をあげたいクリエイター職の方。個人情報を扱うためセキュリティの高いオフィス環境が必要な士業の方。新しい出会いを求めているフリーランスやスタートアップ企業の方。フレキシブルな働き方を実現したい企業の営業拠点として。異なる企業や個人が集まるプロジェクトオフィスとして。ニューノーマルなワークスタイルに対応するために、ぜひプライベートオフィスを選択肢のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、近年注目を集めるプライベートオフィスについてご紹介してきました。プライベートオフィスに限らず、類似するオフィス形態の特徴や各オフィスの違いが理解できたかと思います。様々な働き方への対応、作業効率の向上、モチベーションアップ、ビジネスコミュニティの広がり、BCP対策など、プライベートオフィスを利用するメリットはたくさんあります。目的に合わせて、プライベートオフィスを上手に活用していきましょう。

2020.09.18
オフィスFAQ

月〜金曜 9:00〜17:300120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ