エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

内覧予約・お問い合わせ月〜金曜日 9:00〜17:00

0120-587-560

内覧予約・お問い合わせ

市場開拓に効果を発揮するSTP分析

どんなビジネスにおいても、商品やサービスを誰にどのようにアプローチするかというマーケティングの知識は重要です。そのマーケティング手法のひとつに「STP分析」というものがあります。自社の立ち位置を明確化し、新たな市場開拓にもつながるこの手法。今回はそんな「STP分析」についてご紹介していきます。

STP分析とは?

「STP分析」とは、効果的に市場を開拓していくために実施するマーケティング手法のひとつです。マーケティングの基本要素である「セグメンテーション(Segmentation)」「ターゲティング(Targeting)」「ポジショニング(Positioning)」の頭文字を取り、誰に対して、どのような価値を提供すると効果的かを明確化するために用いる方法です。フィリップ・コトラーが提唱し、マーケティングの代表的な手法のひとつとされています。

STP分析のメリット

「STP分析」はマーケティング戦略を考える上で欠かすことのできないプロセスであり、細分化した市場の中で、自社の優位性を演出するために必要な手法です。そのメリットとしては、ターゲットとなる「消費者グループ」を具体的にイメージできる点が挙げられます。ターゲットイメージをより明確化することにより、ターゲットが求めている要素を掘り下げることができるだけでなく、開発段階では気がつかなかった「新たな消費者グループ」の発見につながる可能性もあります。“ターゲットに対する価値の発見” “新たなターゲット層の発見” マーケティングにおいて重要視されるこの2つをしっかり把握するためにもSTP分析は必要不可欠なプロセスだといえるでしょう。

STP分析の利用法

それでは、実際に「STP分析」をどのように行っていくか見ていきましょう。まずは、STPの「S=セグメンテーション(Segmentation)」から。セグメンテーションとは「市場の切り方」をどうするかということです。性別、年齢、職業など様々な要素で、市場を細分化していきます。次は「T=ターゲティング(Targeting)」。細分化した市場の中で、どの顧客層を狙っていくのかを明確にしていきます。そして、「P=ポジショニング(Positioning)」。業態、技術、規模、価格など、自社が競合と比較してどう差別化できるかを考えていきます。市場を細分化し、顧客層を絞り込み、差別化を考えた上で、自社の立ち位置を決定していく。これがSTP分析の流れになります。この方法を実践していくことで、効果的なマーケティング戦略を遂行していくことができるようになります。

まとめ

今回は、市場開拓に効果を発揮するSTP分析についてご紹介してきました。マーケティングの基本となる手法なので、マーケティングに関わる方なら知っておいて損はないはずです。またSTP分析はマーケティングの段階に入る前、商品開発や企画立案の時点で行うことをおすすめします。しっかりSTP分析で立ち位置を決定した上で、開発や企画を進めていくことで、より大きな効果を発揮してくれるでしょう。

2019.01.11
コラム

月〜金曜 9:00〜17:000120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ