エキスパートオフィス(EXPERT OFFICE)

内覧予約・お問い合わせ月〜金曜日 9:00〜17:30

0120-587-560

内覧予約・お問い合わせ

物品販売の効果的手法「ロングテール理論」

インターネットの登場により消費活動は大きく変容を遂げてきました。今では実店舗で買い物するよりも、ネットショッピングを利用するほうが多いという方もたくさんいるかと思います。そんなオンラインビジネスでの物品販売戦略で「ロングテール理論」と呼ばれる手法があります。今回は、その「ロングテール理論」についてご紹介していきます。

ロングテール理論とは?

物品販売ビジネスで上位20%の売れ筋商品を「ヘッド」。下位80%の商品群を「テール」と言います。ロングテールとは、販売機会の少ない下位80%の商品でもアイテム数を幅広く取りそろえること。そのようなニッチな商品を求める顧客層の総数を増やすことで、総体として売上を向上させる物品販売の手法です。ロングテール商品は実店舗では採算が合わない場合が多いですが、オンラインショッピングではとても効果的な手法とされています。この手法を効果的に活用しているのが大手ネットショッピングサイトのAmazon。ニッチな「テール商品」のラインナップを多数取り揃えることで、サイトへの導入を増やし、売上を向上させる。ロングテールを活かしたビジネスモデルの典型例と言えるでしょう。

ロングテール理論が効果的に働くビジネス

ネットショッピングでは「2:8法則」と呼ばれる物品販売の法則が成り立たなくなってきています。「2:8法則」とは上位2割の売れ筋商品が8割の売上を出し、残りの8割の商品が2割の売上を形成する法則のこと。実店舗ではこの理論が適用されるケースが多いですが、ロングテールを活用したオンラインビジネスだと8割のニッチな商品が8割の売上をつくり出すという事態が生まれてきています。そんなロングテール理論が効果的に働きやすいビジネスは、音楽配信サービスなどのコンテンツビジネスです。コンテンツビジネスは在庫を抱えることがないので、より多くの「テール商品」を展開することができます。テール商品は数があるだけ顧客層を拡大できるので、在庫を持たないビジネスではかなり有効的だと言えるでしょう。逆に、在庫を抱えてしまう物品販売ビジネスの場合はAmazonのような大手企業でないと上手くロングテールを活用するのは難しいかもしれません。

ロングテール理論の実践法

ロングテール戦略を実践していくのは、まずその戦略に合ったビジネスモデルであることが大切です。そのことを理解した上で、効果的なSEO戦略を展開していく必要があります。具体的に言えば、検索するユーザーを意識したロングテールキーワードの設定、コンテンツの作成を行うことが大切です。内部SEOを設定したコンテンツを自社サイト上で増やしていきながら、安定的な集客を実現していくことで、ロングテール戦略の効果を最大化することができます。簡単に言えば、ニッチな商品(コンテンツ)をたくさん用意して、サイトに人が多く訪問するようなサイト作りを行っていくということです。オンラインビジネスを考えている方は、ぜひロングテール戦略が自分のビジネスと相性がいいかどうかしっかり見極めて、活用していくといいでしょう。

まとめ

今回は、オンラインショッピングにおける物品販売手法であるロングテール理論についてご紹介してきました。実店舗での物品販売とネットショッピングでは、ビジネスの考え方が違うことを理解して、それぞれに合った販売戦略を練っていくことが大切です。売れない商品とされてきた「テール商品」も、オンラインビジネスでは大きな売上をもたらす商品へと変わります。ぜひ、新たにネットビジネス参入を検討している方は、ロングテール理論を参考にしてみてほしいと思います。

2019.01.07
コラム

月〜金曜 9:00〜17:300120-587-560内覧予約・お問い合わせ

ページトップへ